概要
HOME / 概要 / 医師紹介

医師紹介

医 局

医師名 診療科 専門領域・その他

近藤 泰正
内科 一般内科
総合診療医として、クリニックほりかわの外来と出町診療所の外来を行っております。 又、クリニックほりかわより訪問診療と出町診療所からの訪問診療を行っております。 又、週1回健診業務をしております。 超高齢社会を迎えて少しでも在宅医療に貢献したいと思っております。

安井 浩明
内科 呼吸器内科・日本呼吸器学会認定専門医
気管支喘息の患者様には呼気一酸化窒素FeNO測定を活用し適切な診断・加療を行い通常の日常生活を送っていただけるよう努めています。 COPDの患者様にはガイドラインに沿った治療と共に急性増悪時の速やかな入院治療と呼吸器リハ・栄養状態改善を行い、 より進行した病期では在宅酸素療法、必要に応じて在宅マスク式人工呼吸器を導入しより楽にすごしていただけるよう努めています。 種々の急性・慢性呼吸器感染症についても適切な診断・加療に努めています。 特に壮年男性において重要性の認識が高まりつつある睡眠時無呼吸症候群SASについては 患者様のご都合に合わせて当院で一泊入院の上PSG検査による正確な診断を行い当院外来での、 または紹介医でのCPAP治療導入・管理につなげています。 肺癌については胸部高解像度CTで診断後は京都大学医学部呼吸器内科・外科との密接な連携を通して速やかに紹介させていただき 最善の医療を受けていただいています。種々の原因による急性呼吸不全に対して当院では最新式のネーザルハイフローテラピーも 積極的に使用し患者様の不快感を最小限にしつつより高い治療効果が得られるよう努めています。より重症の呼吸不全においては 患者様への侵襲が少ないマスク式人工呼吸器V60による呼吸管理・治療を行っています。 通院困難な慢性呼吸不全患者様や緩和医療を要する肺癌患者様についても 往診・訪問医療を組み合わせて在宅生活を実現できるようチームで取り組んでいます。

酒井 達也
内科 日本内科学会総合内科専門医、認定内科医・日本消化器病学会認定消化器病専門医・公衆衛生学修士(MPH疫学、UAB、USA)
臓器等 疾患等の専門を標榜しない内科医として、外来から入院まで急性期病院診療を専門としています。

山田 健二
内科 消化器内科・糖尿病
堀川に勤め始めて30年以上となります。糖尿病外来や消化器内科の手伝いなどをしています。 また、訪問診療や出町診療所の外来も担当しております。

中村 宏
内科 一般内科
平成27年から堀川病院 内科で勤務している中村です。 病棟勤務のほか、クリニックほりかわで木曜日に内科4診で内科一般の外来を担当しています。 このほかには、在宅往診と検診業務を担当しています。

西田 由美子
内科 一般内科
 

中村 琢治
内科 循環器内科・日本循環器学会認定循環器専門医・日本内科学会認定総合内科専門医・日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
循環器内科では、コレステロールや中性脂肪が高い脂質異常症・高血圧・心不全・ 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)・心臓弁膜症・不整脈・閉塞性動脈硬化症・大動脈疾患などの診療にあたっております。 外来検査では心電図・胸部X線検査・心臓超音波検査・血管超音波検査・血圧脈波検査・トレッドミル運動試験・ ホルター心電図・心臓CTなどを行い、入院では心不全の治療を始めペースメーカーの植え込みや心臓カテーテル検査・治療 などを行っております。

山田 豊
内科 循環器内科・呼吸器内科・日本医師会認定産業医・日本禁煙学会禁煙認定専門医
専門領域にこだわらず、広い視野を持って診療することを心掛けています。

山川 高哉
内科 循環器内科
今まで滋賀県で20年間、循環器の医師としての仕事をしてきました。 これからは生まれ故郷である京都にては循環器だけではなく内科一般、総合的な医療を目指しています。

小﨑 真規子
内科 日本内科学会認定総合内科専門医・日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・人間ドック健診情報管理指導士・日本医師会認定産業医・厚生労働省 緩和ケア研修会終了
都心の大きな病院で総合診療/総合内科の研修後、地域中核病院で救急からの緩和ケア、 在宅も含む幅広い総合診療/プライマリ・ケアに従事。その後、公衆衛生大学院進学で京都に移住し、 大阪での人間ドック、在宅医療を経て当院では主に在宅と外来診療に従事しています。

藤原 淳
内科 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医、専門医・日本内科学会認定総合内科医・日本消化器病学会認定消化器病専門医・日本医師会認定産業医
消化器内科・一般内科を中心に、内視鏡検査(胃カメラ、経鼻カメラ、大腸ファイバー)や腹部エコー、腹部CT・MRI等画像検査を施行し、 地域の皆様のお役に立てるよう、日々の診療に従事しております。 腹部の症状でお困りの方は、一度外来受診をお勧め致します。

山西 卓
内科 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医、日本医師会認定産業医
2018年4月に赴任しました。赤ちゃんのワクチンから高齢者の往診まで幅広く行ってきました。 病気のことはもちろん、それ以外のことでも、気軽にご相談ください。

内田 司
内科 日本内科学会認定内科医・日本神経学会神経内科専門医・臨床研修指導医
2018年9月より認知症、脳梗塞、パーキンソン病、頭痛など神経内科を中心に診療に従事しております。高齢化社会を迎え、認知症 などますます数が増加することが予想されております。ご本人ご家族とともに、協力して医療、介護に努めていきます。
 

相良 幸彦
外科 日本外科学会認定外科指導医、専門医・日本消化器外科学会認定指導医・日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
当院の外科は、日本外科学会専門医制度関連施設の認定を受けております。 私は、1999年7月に赴任し消化器外科を中心に外科診察を行っていましたが、現在は、私以外の3名の外科医が手術を行っております。 外来では局所麻酔下の皮膚腫瘍切除術や陥入爪のワイヤーやクリップによる治療も行っています。

吉井 一博
外科 日本外科学会認定医、専門医、指導医・日本消化器外科学会専門医、指導医・消化器癌治療認定医・緩和ケア研修修了・癌リハビリテーション研修修了・近畿外科学会評議員
診療の上で心がけているのは、"術前から墓場まで"と関わった患者様を一貫して責任を感じながら診ていくことと、ひとりひとりの患者様に低侵襲で効果の高い治療(手術など)を行っていくことです。 "術前から墓場まで"は主には消化器癌(胃癌、大腸癌等)の患者様に対するスタンスです。昨今は診療の専門機能分化が進み、大病院では、外科は手術治療のみに特化していく流れですが、当院では、手術治療のみならず、化学療法(抗癌剤治療)、緩和治療も一貫して行っていく方針です。 手術は根治性、安全性が損なわれなければ、腹腔鏡下手術などできるだけ低侵襲手術を選択することとしておりますが、根治性を損なわず、安全、確実に行うことを第一の信条として取り組んでおります。 手術をするにせよ、手術以外の治療(消化器癌の抗癌剤治療、緩和治療、十二指腸潰瘍穿孔や虫垂炎の保存的治療等)をするにせよ、24時間地域に開かれた病院の外科として患者様と近所付き合いをさせていただくような気持ちで、患者様の心身を第一に案じながら、"小さなケガ"から"大きな疾病"まで患者様ひとりひとりに最適な治療を提供できるよう、ガイドライン等に準拠しながらも個別性に配慮した診療させていただいております。

川合 寛治
外科 日本外科学会認定外科医
前任地では、消化器癌への腹腔鏡手術の導入に携わり、 堀川病院へ赴任後も腹腔鏡手術の環境を整えてきました。京都府立医大消化器外科の関連施設として、 質の高い診療を提供できる様、日々研鑽していますので宜しくお願いします。

岡村 寛子
外科 日本外科学会認定外科専門医・日本消化器外科学会専門医・がん治療認定医機構認定医・日本消化器病学会認定・消化器病専門医
「今できるベストなことは何か」を考えながら診療しています。 「常に最善を尽くす」をモットーに、患者さんやご家族が満足していただけるよう、 個々の患者さんにとってのベストな医療を提供できればと思っています。
 

茶谷 賢一
整形外科 日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄病指導医・日本整形外科学会認定整形外科専門医・日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
脊椎(背骨)の病気の患者さんを専門に治療しています。手足がしびれて動きにくい、 例えば手指で細かいこと(箸操作、ボタンを留める、字を書くなど)がしにくい、 歩きづらいなどの症状、またはお尻から太ももやふくらはぎまで痛みがあり歩けないなどの症状は、 脊椎の病気が原因です。お困りの方は、受診してみてください。

小椋 明子
整形外科 日本整形外科学会認定整形外科専門医・日本整形外科学会認定スポーツ医
 
 

大西 彰
泌尿器科 日本泌尿器科学会指導医、専門医・日本透析医学会指導医、専門医
堀川病院泌尿器科は京都府立医科大学附属病院や京都第二赤十字病院と連携して、 腎臓・尿管・膀胱・尿道と前立腺・精巣・男性器などの臓器における疾患の診断から治療、 その後の経過観察までエビデンスに基づいた診療をしております。 外来に通院されている患者様は高齢の方が多いので前立腺肥大症に対する内服治療や前立腺癌に対するホルモン療法などが 多くはなっておりますが、2017年4月からは手術器械も新規導入し、 前立腺肥大症の内視鏡的手術(TUR-P)や腎尿管結石に対する内視鏡的手術(TULor f-TUL)や経皮的手術(PNL)、 膀胱癌に対する経尿道的手術(TUR-Bt)、前立腺癌に対する前立腺全摘除術、 腎癌や腎盂癌に対する腹腔鏡手術なども大学や関連施設の経験豊富なスタッフとともに積極的に行っております。 堀川病院は決して規模の大きな病院ではありませんが、 中小規模の病院ならではの個々の患者の社会的背景に対応したきめ細やかな医療の提供や、 フットワークの軽さ、柔軟性の高さなど良い点も多々あります。 また堀川病院泌尿器科においては、手術執刀医や外来診療医が大病院と違い固定されており、 安定した質の高い医療を提供できると考えております。 地域の皆様やご紹介いただく開業医の先生方に信頼され安心して任せていただけるよう 日々精進しておりますのでどうか今後とも宜しくお願い申し上げます。

田中 重喜
泌尿器科 泌尿器科一般
月曜・火曜・木曜及び土曜日(月2回)の外来診療を担当しています。 前立腺肥大症が身をもってわかる年齢になりました。 有名大病院と違って込み合うことはまずないので、ゆったりと落ち着いて診察させていただきます。

ペ-ジの上部に戻る