各部の紹介
HOME / 各部の紹介 / 臨床栄養科

臨床栄養科

病気を治療するためには、しっかりと食事を摂り体力を蓄えること、きちんと制限を守ることが大切です。

臨床栄養科では、食事の提供や栄養指導など栄養管理の面から患者様の治療のお手伝いをしています。入院食は患者様への思いやりのある食事づくりを心掛け、患者様への病状にあった食事を提供しております。管理栄養士と病棟スタッフが連携をとり、病状が思わしくない方や化学療法による食欲低下及び嚥下障害などで食事を摂れない方には、ベッドサイドに伺い状態に応じた食事を調整して食べていただくようにしています。入院中だけでなく在宅に戻られる際の食事の相談も行っており、必要であれば自宅に伺う在宅栄養指導も行っております。

行事食

正月・創立記念日・ひな祭り・葵祭・祇園祭・五山送り火・敬老の日・時代祭・クリスマスなどの季節の行事に合わせた、変化のある食事を提供しています。

ひなまつり献立 五山送り火 敬老の日 クリスマス
ひなまつり献立 五山送り火 敬老の日 クリスマス

嚥下困難食

脳血管疾患や高齢により、噛みにくい・飲み込みにくい・むせる等で普通の食事が摂りにくい方に、嚥下困難食を提供しております。特に気づかない内に気管に食べ物が入り誤嚥性肺炎を引き起こしたり、窒息の危険性がある方には、食物の形態を変えて安全に食べていただけるよう工夫をしております。堀川病院では、普通食と同様にできる限り温かく、献立、味付けにこだわり提供しております。また、在宅に戻られる際に自宅でも作っていただけるように指導も行っております。介護食を利用される方には、何を選べば良いのか説明もさせていただきます。

嚥下導入食 嚥下リハ直接訓練の導入期
飲み込む練習の食事です。
嚥下導入食
嚥下困難食(1) 区分
4
かまなくてよい
飲み込みの練習からある程度、
食事として食べられるようになった方の食事です。
嚥下困難食(1)
嚥下困難食(2) 区分
4
かまなくてよい
嚥下困難食(1)に、粥の粒を潰すように作った
介護粥と副菜が1品増えた食事です。
嚥下困難食(2)
嚥下困難食(3) 区分
3
舌でつぶせる
介護粥と舌でつぶせる形態の副菜を
3品ついた食事です。
嚥下困難食(3)
嚥下困難食(4) 区分
2
歯茎でつぶせる
全粥と歯茎でつぶせる形態の副食を
3品ついた食事です。
嚥下困難食(4)

その他嚥下造影検査等にて嚥下機能の評価を行い、必要に応じてゼリー状・ミキサー状の食事も提供しています。

嚥下困難食

*ユニバーサルデザインフードを参考に在宅の食事の参考になるように表示しております。

「食べる力」のサポートブック 公益財団法人 日本訪問看護財団 参照
ペ-ジの上部に戻る

外来試食教室(月に2回)

堀川病院では、糖尿病、脂質異常症や高血圧その他疾患の患者様やそのご家族を対象に試食教室を行っております。食事をしながら献立のポイントなど楽しく話をする教室です。リピーターの方が多く、毎回賑わっています。

  • 血糖値を下げるには何を食べたら良いのかな?
  • コレステロールや中性脂肪が気になるけど、どうすればいいの?
  • 血圧が高いけれど、薄味とはどの程度なの?
  • どうすれば減量できるの?

そんな疑問・質問をお受け致します。お気軽にご参加ください。

対 象 堀川病院に受診されている方(完全予約制)
日 時 月2回 11:30~12:30
※月により、日・曜日が変わります。
場 所 クリニックほりかわ
代 金 500円(別途集団指導料必要です)
ある日の献立

ペ-ジの上部に戻る