看護部
HOME / 看護部 / 看護部部署紹介

看護部部署紹介

2階病棟

急性期治療は終了したが在宅復帰困難な患者様や、在宅療養中の患者様の緊急受入れを主とし、 「生活復帰支援」を中心とした看護を提供する病棟です。看護の特徴として、2階病棟は、 慢性内科疾患患者を中心として摂食嚥下機能訓練や急性期治療で低下したADLの改善・維持するための リハビリを行っています。患者個々に応じたリハビリ計画や介護者の能力に応じた退院指導、患者・家族様の意思決定を 支えつつ各部門(医師・MSW・リハビリ等)と連携し退院支援・調整を行っています。 病棟の看護師は"看護師だからできることは何か?"を、日々考えつつ看護介入しています。 生活援助時には、ユマニチュードを用いた対応ができるように学習し取り組んでいます。 ケアワーカーも患者様の入院生活が安全安楽に過ごせるように、看護師と協働しています。 患者様の成果に一喜一憂しつつもやりがい感をもって頑張っています。

3階病棟

3階病棟

50床の一般病棟で、主に内科亜急性期、整形外科の術前検査と全身管理、 泌尿器科の周手術期を担当しています。緊急入院や検査が多く協力しあって頑張っています。 アセスメント能力を高め、亜急性期の患者様の全身管理と異常の早発見を行い、 病期にあった個別性のある看護を提供できるように取り組んでいます。3階病棟の自慢は人間関係の良さです。 スタッフ同士の仲が良く、新しく仲間を迎えるといつの間にか歓迎会が企画され、 医師も交えて楽しい時間を過ごし親交を深めています。

ペ-ジの上部に戻る

4階病棟

4階病棟

地域包括ケア病棟で主に整形外科疾患の患者様が入院されています。 2019年度からは、リハビリ・退院支援だけでなく術前・術後管理を担っており、 手術から退院まで同じ病棟で治療・療養していただけるようになりました。 現在は、急性期病棟で整形外科周手術期のスキルを培った看護師と地域包括ケア病棟で退院支援の経験を積んだ看護師がお互いに高め合い、 全員が術前から退院まで患者様ひとりひとりにあった援助・支援ができるよう取り組んでいます。 患者様の多くが後期高齢者であるため、退院支援看護師とともに他部署・多職種との連携に努めています。 また、せん妄の遷延や認知症の進行がないように認知症ケアにも力を入れています。


5階病棟

5階病棟

重症管理を含む急性期病棟です。急性呼吸不全や、閉塞性肺疾患などの慢性呼吸不全の急性増悪、 急性循環不全、急性代謝障害、消化器外科手術や化学療法、心肺蘇生後などの患者様に対して、多職種と連携し、 24時間生体情報の監視を行い、迅速で的確な治療と看護を実践しています。2019年度からは、病床機能強化に伴い、 より病期に応じた適切な看護が提供できるよう固定チームで活動しています。患者様・ご家族様の意思が尊重され、 チーム間・多職種との情報共有と連携を図りながら、病期に応じた継続看護を提供し、患者様・ご家族の方が安心して治療に臨めるよう心掛けています。


外来 クリニックほりかわ

外来看護師の業務は主に診療の補助と看護支援となります。看護支援は、内科フロアが中心となり、 COPD、禁煙、睡眠時無呼吸症候群に対する治療や在宅酸素管理・指導、また、糖尿病日常生活管理指導を行っています。 外科系フロアでは診察室に看護師が常駐し、問診、診療の補助、生活指導などを行っています。近年は患者の高齢化も進み、 継続して受診できるような支援や、受診時の介助なども必要になってきています。 どの看護師でも対応できるよう患者情報の共有に努めています。今年度は病棟との連携強化にも取り組んでおり、 クリニック管理患者の入院中には必要に応じて病棟へ訪問し、退院後の継続課題を抽出し、受診時の問診などに繋げています。


ペ-ジの上部に戻る

健康管理部

健康管理部

健康管理部の保健師は、安全で安心できる検査の提供、利用者様一人ひとりの生活に寄り添った支援を目指しています。 様々な健康ニーズに応えるため、親切、丁寧な関わりはもとより、質の高い看護支援が提供できるよう知識を深め技術を磨くことに努めており、 院外研修への参加や部署内の学習会を行っています。利用者様が元気に働き続けられるために、住み慣れた地域で生活し続けるために、 私たちは健診結果をもとに、利用者様のライフスタイルに合わせた健康づくりへのご提案をしていきます。 また、健診結果で治療・精密検査が必要になった場合は、クリニックほりかわへのスムーズな受診手続きも行っています。 堀川病院の職員への健康支援も行っています。病院で働く職員がお互いを尊重し、いきいきと働くことができるように取り組んでいます。


手術室

手術室

手術室では、年間約500件の手術が実施されています。主に外科・整形外科・泌尿器科・眼科の手術が曜日ごとに 実施されていて、予定の手術以外にも緊急手術に対応しています。アンギオ室で実施される心臓カテーテル検査や治療、 ペースメーカーの植え込み術などの業務にも携わっています。手術室やアンギオ室では専門性の高い知識や技術が必要となってきます。 定期的に学習会やシミユレーションを実施することで知識や技術の向上に努めています。患者様が安心して手術を受けていただくために、 手術の前日に術前訪問を実施しています。ご家族様にも安心して待機していただけるように術中訪問を実施しています。 患者様やご家族様に寄り添い安心できる手術室看護を提供できるように心がけています。


内視鏡・救急外来

内視鏡・救急外来

内視鏡室では上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などの検査や、 内視鏡による早期癌・ポリープの切除、総胆管結石・閉塞性黄疸に対する内視鏡治療などを主に行っています。患者様のご負担が少なく、 安心して検査・治療を受けていただけるよう、スタッフ一同努めています。救急室は、24時間365日、救急車の受入れから地域住民の方の救急受診、 他院や施設からの受診依頼の受け入れ等、二次救急を中心に対応を行っています。救急対応が必要な患者様に、的確に適切な対応ができるよう、 研修等にも積極的に参加し、自己研鑽に励んでいます。患者様ご家族様の思いに寄り添い、どんな時にも笑顔を絶やさぬ対応を心がけています。

ペ-ジの上部に戻る

クリニックほりかわ 居宅療養部

「通院がだんだんと大変になってきた」、「できれば家で家族と過ごしたい」「困った時にいつでも相談出来る」という患者・家族の思いに応える往診を 実践しています。往診は、医師1名・看護師1名で患者様宅に訪問診療を行っています。多職種・他機関との調整を行い、 平穏な日常生活が維持できるように住み慣れた家での生活を支え、継続した医療を提供しています。

詳しくは在宅療養と訪問看護のページをご覧ください


入退院支援部

入退院支援部は、入院患者様の受け入れに関する前方支援、入院患者様の後方支援を行っています。 前方支援では、地域の医院や他病院との連携を取り、患者様の受け入れをスムーズに行えるように支援しています。 後方支援では、各病棟に退院支援看護師が専従でおり退院に向けて患者様との面談や情報収集、多職種とのカンファレンスを行っています。 急性期病棟では、初回面談を行い入院前の患者様の生活状況の把握やCMと連携を取り患者様・ご家族様の 「これからどうして暮していきたいか」の希望を聞きそれに向けた課題を明確にしていきます。地域包括ケア病棟では、 急性期で明らかになった課題について病棟と連携し評価を行い、退院後に患者様・ご家族様の意向に沿った生活が送れるよう支援しています。



ペ-ジの上部に戻る