各部の紹介
HOME / 各部の紹介 / リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーション部は2階の堀川通に面した西側にあります。
玄関を入って突き当たりの手前のエレベーターで上がっていただいて、左側です。

リハビリテーション部とは
リハビリテーション部

病気や怪我などにより、身体などに障害のある方、あるいは障害が予測される方が、自分らしく生活されることを支援させていただく、理学療法 (※Physical Therapy = PT)や作業療法 (※Occupational Therapy = OT)を行っています。

入院の方や外来の方に加えて、今は少ないスタッフですが、クリニックほりかわの介護保険の通所リハビリ(ディケア)での個別リハビリテーションや、在宅での訪問リハビリテーションも行っています。


理学療法
理学療法

治療体操や運動、マッサージ、温熱などの物理的手段を用いて、運動機能の回復を目的とした治療法で、基本的な動作である、寝起きする、立ち座りする、歩く、階段を上り下りする、走る、等の獲得や改善を目標とします。


作業療法

作業活動を行うことにより、身体機能や精神心理機能の改善を目指す治療法で、応用動作である食事をする、更衣をする、排泄する、入浴するといった、身の回りの動作から家事や仕事等の行為の獲得や改善を目標とします。

特徴

技術の向上に努めるのは勿論のことですが、当院の理念に「外来・入院・在宅にわたり地域に根ざした医療とケアを推進します」とあるように、地域に根ざしたリハビリテーションサービスを心掛けています。

その為に、患者様を中心ご家族の方はもちろん、医師や看護師等の医療スタッフをはじめ、必要に応じて介護保険の居宅介護支援員、訪問介護(ホームヘルパー)、通所リハビリ(ディケア)、通所介護(ディサービス)の方など患者様に関わる様々な職種との連携により、患者様やご家族が安心して生活を送れるよう治療をしたり、在宅のプランを立てたりします。

対象疾患

入院や外来、在宅等で、病気や怪我等で身体などに障害のある方、あるいは障害が予測される場合で、医師が必要と判断した場合です。

  • 整形外科疾患…様々な骨折後やその手術後、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、変形性関節症やその術後、肩関節の様々な疾患やその術後、等
  • 脳血管疾患…脳梗塞、脳出血等
  • 肺炎や他の疾患の治療後や外科的な手術後の廃用症候群(安静による運動機能や動作能力の低下等)等
スタッフについて
スタッフについて

理学療法士10名、作業療法士2名、事務助手1名


リハビリテーションを受けていただくのは

入院の場合も、外来の場合も、主治医が必要性を判断し、指示をします。

外来の方は、予約制です。月曜~金曜の午前9時~12時までが診療時間ですが、仕事等で時間がどうしても取れない場合は、相談させていただきます。


ペ-ジの上部に戻る